鏡を見て、肌を気にする女性
顔のしわを気にする女性

シミがあると年齢以上に老けて見えてしまうので女性の悩みのひとつとして多いのがシミです。
鏡を見るたびに気になる頬や目の下、目尻などに目立つシミができた場合に、ファンデーションやコンシーラーを使って念入りに隠すことにつかれてしまったり、時間がたつと見えてしまったりする悩みは女性にとって大変深刻です。
シミがあるだけですっぴんに自信を持てなくなってしまったという人がシミを消したいときには、有効成分がしっかりとシミにアプローチする医薬品を使うことがおすすめです。

そもそもなぜシミができるの?

多くの女性が悩んでいるシミは、年齢を重ねるほど濃くなり、数も多くなっていきますができ方には個人差があります。
シミができる原因は様々ですが、普段何気なく浴びている太陽の光に含まれている紫外線が大きな原因のひとつです。
皮膚に紫外線があたると肌の内側にある細胞にダメージを与えてしまうため、ダメージから肌を守るためにメラニン色素を作り出し肌を黒くすることで紫外線を肌の奥まで届かないように防御しているのです。

メラニン色素は、時間がたつと代謝によって自然に体外に排出されるはずなのですが、メラニンが過剰に作られた場合に肌の内部に残ってしまうことがあります。
肌の奥の方で作られた新しい細胞は、皮膚の表面まで順番に押し上げられていき表面に出てきます。
肌には、表面に押し上げられた細胞が角質となり自然にはがれ落ちていくというターンオーバーというサイクルがあり、通常ならターンオーバーによってメラニン色素も一緒に排出されるのですが、ターンオーバーのサイクルが乱れることによって肌の内側に残ってしまい、シミになるというわけです。

肌のターンオーバーは、年齢を重ねるごとに周期が長くなっていくため、年齢が高くなるとシミの悩みが出てくる傾向があります。
ターンオーバーは年齢だけではなく、紫外線やストレス、摩擦など肌に刺激を受けることでも乱れてしまう上に、睡眠不足や不規則な生活、過剰なお手入れによる肌の摩擦などの刺激によってメラニン色素が放出されるため、シミが濃くなる原因になります。
シミは、メラニン色素の過剰放出とターンオーバーの乱れによって生じ、徐々に肌の内部に排出しきれなかったメラニン色素が蓄積することで濃くなっていくというわけです。

化粧品でシミを消すことができる?

シミを消すのは簡単です。
シミができた時に多くの女性が使うのが美白化粧品です。
美白という言葉からシミを消す効果を感じる人が多いのですが、化粧品は基本的にシミを消す効果を期待することはできません。
美白成分が含まれている化粧品は、肌のターンオーバーを促進してシミが濃くなりにくくすることや紫外線や炎症など肌の細胞に刺激の情報が届くことを防いだり、メラニンの生成を抑制したりする効果が一般的な働きです。

また、化粧品は肌の表皮の部分に飲み効果が期待できるため肌の奥の方にある真皮にできるシミには効果を期待することができません。
美白という名前が付いているとシミが消えて、きれいな肌になることを期待してしまいますが、一般的な化粧品はできてしまったシミを消すというよりも、これからシミができることを予防するために使う物と考えた方が良いのです。

皮膚の奥の方にある真皮層にできたシミは化粧品でケアすることはできませんが、表面にできている場合には、ケアすることができるので日ごろのスキンケアをしっかりと行うことは大切です。
紫外線や炎症、ストレスなどによってできた場合には、スキンケアをすることでメラニン色素の排出を抑えて徐々に濃くなっていくことを防ぎながら、ターンオーバーを整えて蓄積されているメラニンがスムーズに排出されるようにすることができます。
消したいシミがきれいになることは大変難しいのですが薄くなる可能性があります。
また、化粧品には保湿効果があるものが多く、ほとんどの美白化粧品には保湿成分がたっぷりと含まれています。
保湿をすることで肌のターンオーバーを整え、紫外線によるダメージを受けにくい健康的な肌作りをすることができるという働きがあります。

シミ消しは有効成分ハイドロキノンが効果的

アメリカで大変人気があり、日本でも注目されている有効成分がハイドロキノンです。
ハイドロキノンは効果が強く、肌が赤くなるなど炎症を起こすこともあるので日本では医師の処方された場合に使用することが許されている成分でしたが、近年低濃度で化粧品に配合されることができるようになりました。

ハイドロキノンは、イチゴや麦芽、コーヒーなどに含まれている天然成分で酸化を抑える働きである還元作用があることが特徴です。
ハイドロキノンには、メラニンを生成する酵素の働きを阻害する作用とメラニンを生成する色素細胞そのものに働きかけて減少させる効果が期待できます。
これからできるシミを予防するだけでなく、すでにできているシミにも効果を期待できることが大きな特徴です。

ハイドロキノンには紫外線などの刺激を受けると酸化されて黒く、濃くなる性質があるメラニンの色を還元作用によって薄くする働きもあります。
ハイドロキノンは、日焼けなどによる炎症後の色素沈着や頬に大きく広がる肝斑、老人性色素斑などに効果が期待できます。
肝斑は紫外線によってできる種類ではないので、効果を実感することができない場合もありますが、効果を感じる人も多いため効果的な場合のみ使用することがおすすめです。

ハイドロキノンを使用しても消すことができない場合もあります。
紫外線の影響ではなく遺伝的な要因によってできるそばかすや肌の奥にある真皮にできたシミには効果を期待することができません。
そばかすは、遺伝的な要因によってできる物なのでハイドロキノンでは基本的に消すことはできませんが、紫外線の影響によって濃くなる性質があるため、ハイドロキノン配合の医薬品を使用することによって薄くすることができる可能性があります。

ハイドロキノン配合の医薬品の入手法は?

できてしまったシミを消す効果が期待でき予防をすることもできるハイドロキノンは、もともと医療機関でしか入手できない医薬品で、近年化粧品にも配合されることが許されるようになりましたが、肌への作用が大きい分、肌への刺激が強く負担がかかる可能性もある有効成分です。
美容皮膚科など専門の医療機関で処方してもらったり、美容皮膚科のドクターが監修して作られている化粧品を使うことが安全に使用することができるハイドロキノン配合の医薬品の入手法です。

ハイドロキノンクリームを使って美容皮膚科で治療を行う場合には、医師が肌質や体質を診察したり、経過をみてくれるので安全性が高く安心して治療を受けることができることがメリットです。
医師が肌の状態を確認しながら処方するため、状態や使い方によってピンポイントで使用する高濃度のクリームから顔全体につけることができる低濃度のクリームまで、使い方をしっかりと説明してくれた上で入手することができます。

市販されてるハイドロキノン配合のクリームは、誰でも気軽に購入することができるというメリットがありますが、自分で濃度を選ぶ必要がありトラブルが起きてしまってもすぐに対処できずトラブルが起きてから病院に行くことになる場合もあります。
市販のハイドロキノンクリームを使う場合には、医師が監修した商品などがおすすめです。

ハイドロキノンクリームは、使い続けることで白斑など色が抜けてしまう症状が出てしまうことがあり白斑症状は元に戻りません。
また、ハイドロキノンは肌への作用が強い分刺激も強い成分なので赤みやかゆみなどの炎症がでたり、ひりひりとして皮がむけてくるという副作用が出ることもあります。
シミを消したい気持ちが強くの高濃度の物を使う人がいますが、リスクがあることを認識することが大切です。

記事一覧

記事はありません

お探しの記事は見つかりませんでした。

アーカイブ
    サイト内検索
    最近の投稿