鏡を見て、肌を気にする女性

まつ毛美容液のルミガンの購入方法は?

ルミガンは、もともとは緑内障の治療のための点眼薬として利用されていました。
しかし、ルミガンを利用している多くの人のまつ毛が濃くなったり長く伸びてしまうというトラブルが発生しました。
そこで、まつ毛のボリュームに悩まされている人のための育毛剤として、ルミガンは新しい道で利用されるようになりました。

ルミガンをまつ毛育毛剤として手に入れるためには、二つの方法があります。
一つは、美容皮膚科や美容外科、美容クリニックなどの病院に行って処方してもらうことです。
一般の眼科でもルミガンを出してもらうことはできますが、この場合には緑内障を持っている人のための点眼薬として出してもらうことになります。
しかし、美容クリニックとなると病気の治療ではなく美容目的として処方してもらうことができます。

病院でルミガンをもらうということは、医師の診察を受けて安全と判断されてからとなります。
つまり、目元の肌やまつ毛の状態をみてもらえるため、安心して利用ができるというメリットがあります。
また、正しい使い方の指導を受けることができるので、初心者でもトラブルなく使い続けることができます。

ルミガンは、正しく使わなかったことによってトラブルが生じ、その治療のために病院に通い始めたという人も多くいます。
緑内障であれば点眼薬として目の中に入れることで効果を発揮しますが、正常な目にルミガンが入ってしまうと充血などの目のトラブルが発生することもあります。
他にも、ルミガンを塗った時に皮膚の方にまで流れてしまったのに、ティッシュで拭き取らずにままにしていれば、皮膚に色素沈着を起こしてしまうこともあります。

病院でルミガンをもらうためには、ルミガンの料金にプラスして診察料や初診料などの費用がプラスされるために費用は高額になってしまいがちです。
しかし、トラブルなくまつ毛を美しく育てるためにも、病院でルミガンを処方してもらうことは賢い選択となります。

安く入手したい方は通販がお得!

ルミガンには、ジェネリックとしてビマトプロストなどの薬もあります。
つまり、予算を抑えたいのであれば、同じ効果がありながらも安い価格で販売されているジェネリックを選んだ方が良いことになります。
日本の病院では、まつ毛の育毛剤としてルミガンを手に入れることができるとしても、ビマトプロストは取り扱われていません。
つまり、ビマトプロストを手に入れるためには、個人輸入代理店の通販で購入することになります。

海外から商品を取り寄せるという場合、荷物の大きさや重さによる送料や税関手続きなど一般の人では事前に分からないことも多く、結局はいくらになるのか不安もあります。
しかし、個人輸入を行っている代理店を通して通販で購入するとなると、代理店の人が煩わしい手続きも全て行ってくれるので便利であり、さらに送料も含めた合計の金額で提示してもらうことができます。
荷物は海外から自宅に直接届けてもらうことができるので、注文してからも早く届きます。

ルミガンやビマトプロストは、目の中に入らないように気を付けつつ肌に塗らないように注意が必要となり、細いまつ毛の付け根のラインに塗ることから何か道具があれば役立ちます。
通販となると、初心者にも使いやすいように塗るためのアプリケーターをつけて販売されていることもあります。
まつ毛の付け根という細いラインにもすっと塗りやすいアプリケーターがあれば、トラブルの心配もなく始めることができます。

まつ毛は抜けては生えることを繰り返していることになるので、まつ毛育毛剤の使用を中断してしまえばまた元の自分のまつ毛に戻ってしまうことになります。
今後も使い続けることを考えるとランニングコストの安さも重要であり、安い通販なら続けやすさにもつながります。