鏡を見て、肌を気にする女性

ルミガンのジェネリックの効果とは?

まつげ育毛剤として有名な「ルミガン」ですが、価格の安いジェネリックもある事をご存じでしょうか?ルミガンのジェネリックとしては、「ビマトアイドロップス」や「ケアプロスト」が有名です。
何となく「ジェネリック」と聞くと、「本当に効果があるの?」と不安に思うかもしれません。

ルミガンでケアするとまつ毛が伸びるのは、有効成分である「ビマトプロスト」の働きによるものです。
ビマトプロストはまつ毛の毛包を刺激して成長を促したり、メラニン色素の生成量を増やす事でまつ毛を濃くするといった効果を発揮します。
これらの働きによって、まつ毛が長く・太く成長するという仕組みです。

ビマトアイドロップスやケアプロストも、ルミガンと同じビマトプロストが有効成分として配合されています。
ルミガンのビマトプロスト配合量は0.03%ですが、ケアプロストやビマトアイドロップスにもルミガンと同じく0.03%のビマトプロストが含まれています。
人気のまつ毛育毛剤と同じ量の有効成分が配合されているので、ケアプロスト・ビマトアイドロップスもルミガンと同じ効果・効能を得られるようです。

1日に1回、メイクを落として寝る前に使用すると、約16週間程度で違いを実感できるでしょう。
あるデータによると約16週間の使用で、まつ毛全体の80%以上が変化し、まつげの長さが25%、密度が106%、色の濃さが18%アップしています。
16週間という期間で、これだけ違いが出るケアプロストやビマトアイドロップス、まつ毛育毛として効果は絶大と言えます。

使用方法も簡単で専用のブラシを使い、まつ毛の根本に育毛剤を塗るだけです。
マスカラのようにまつ毛全体に塗るのではなく、有効成分を毛根に行き渡らせるために根本に塗るのがコツとなっています。
貧弱なまつ毛にコンプレックスを感じている、年齢を重ねてまつ毛の量が減ったなどと感じている方は、ルミガンよりも価格がリーズナブルなジェネリックのケアプロストやビマトアイドロップスで、ケアを初めてみてはいかがでしょう。

ケアプロストやビマトアイドロップスの副作用はある?

ケアプロストとビマトアイドロップスはルミガンのジェネリックです。価格はルミガンよりも安いですが、同量の有効成分が配合されており、まつ毛育毛の効果には優れています。
ただ、ケアプロスト・ビマトアイドロップスもルミガンと同じ医薬品です。医薬品は効果が高い分、副作用も報告されているのでその点は注意する必要があります。

ケアプロストとビマトアイドロップスで起こると言われている副作用も、ルミガンとほとんど同じです。
副作用としては充血、ドライアイ、目のかゆみ、目の違和感、色素沈着などが報告されています。
充血やドライアイなど目のトラブルは、育毛剤が目の中に入ってしまう事で起こる症状です。このような副作用を起こさない為には、慎重にまつ毛の根本に育毛剤を塗布する必要があります。

色素沈着はケアプロストやビマトアイドロップスに含まれる、ビマトプロストの影響によって起こる副作用です。
ビマトプロストはメラニン色素の生成を促進して、まつ毛を濃くするという効果を発揮します。
肌にビマトプロストが付着してしまうと、局所的にメラニン色素の生成量が増加し、色素沈着を起こしやすくなるようです。

まぶたに液が付着してしまうと、茶色っぽい色素沈着が出来てしまうので注意しましょう。
もし、色素沈着が起きた場合は一旦使用を中止すると、徐々に薄くなっていきます。
育毛剤がまぶたに付かないよう慎重にケアするのが基本ですが、不器用でどうしても肌に付着してしまうという場合は、ケアの前に一工夫しておきましょう。
クリームやワセリンをまぶたに塗っておくと油分によって、育毛剤が肌に付きにくくなります。

このような副作用も報告されているケアプロストやビマトアイドロップスですが、正しい方法で使用すれば副作用が起こる心配もほぼありません。